休職中サラリーマンが日米高配当株でセミリタイアを目指す

高配当株による配当金再投資で将来的なセミリタイアを目指していた矢先、メンタルに不調を来たし会社を休職中のサラリーマンです。投資、休職、転職などについて綴ります。

転職

外資に行くなら2社目がいい。

よっぽと恵まれた環境で働いているとか、今いる会社で自分のやりたいことが十分に実現できるという場合は別ですが、現状に不満があってそれがどうにも耐え難いとか、毎日のように愚痴が止まらない、ということであれば、転職すれば良いと考えています。 そし…

休職するか、復職するか、転職するか、無職になるか。

メンタルに不調を来たして休職中の私ですが、これは一種のモラトリアム状態であり、限られた休職期間中に今後の進路を決定せねばなりません。 30代も半ばを過ぎて、このようなモラトリアム状態に置かれることなど想像していませんでしたが、妻子ある身ですの…

実際のところ、私はいつまで休職できるのか。

休職可能な期間については、会社の制度に依存すると思いますが、私のケースです。結論から言ってしまうと最長で2年3ヶ月、会社を休むことが可能です。 休職するには客観的な理由の証明が必要 休職期間の種類 まとめ 休職するには客観的な理由の証明が必要 ま…

セミリタイア、アーリーリタイア志向から見た外資系企業で働くことの5つの魅力

私はこれまで2つの外資系企業に所属していました。ITベンダとコンサルファームしか経験がないので、この2社での経験をもって外資とは何たるかを語るのもどうかという気もしますが、外資系企業とリタイア志向には親和性があると思っていますので、あくまで私…

セミリタイアする前に転職を考えてみたほうがよい3つの理由

セミリタイア志向系のブログを読んでいると、転職未経験の方がそれなりにいることに気付きますが、セミリタイヤするなら1度は転職したほうがよいと思います。 目次 有給消化によるプレセミリタイヤを経験できる 環境を変えることのハードルの低さを実感でき…